納得のいく霊園を選ぼう【お墓参りに便利な場所がオススメ】

形見分けが進まない時は

段ボール

業者の仕事の内容

奈良は大阪の通勤圏として注目されており若い世帯が移住し人口が増加しています。しかし新興住宅地から少し離れると昔から住んでいる一人暮らしの高齢者宅が軒を並べています。一人暮らしの高齢者が孤独死を迎えるのは大都市だけではありません。奈良でも孤独死を迎えるケースが増えています。故人が持ち家ではなく賃貸住宅に住んでいた場合は早急に明け渡すことになります。部屋の中にある故人の生活用品や家電、家具、現金などは家族で形見分けをし、必要ないものは部屋から運び出して処分しなければいけません。葬儀後の遺族には負担が重い作業です。これらの作業を全て行ってくれるのが遺品整理専門、便利屋、特殊清掃の各業者です。奈良ですと地元の業者か奈良を出張地域としている業者に見積もりをとって依頼するようにします。遺品整理料金の計算はワンルームでいくら、1Kでいくらという計算をする業者が殆どです。貴重品や探しておいて欲しいものがあれば遺品整理をする前に業者に伝えておいて下さい。業者が遺品整理をする日は遺族の立ち合いは必要ありません。探して欲しいものが見つかれば保管しておいて郵送することもできます。遺品のなかに価値があるものを見つけた場合は遺族に連絡が入ります。不要なものを部屋から運び出して廃棄し遺品整理作業は終了です。部屋が汚れたり痛んだりしている場合は清掃や修理が必要になってきます。遺品整理をしている業者には清掃や消毒などをしているところもありますので相談して下さい。故人が持ち家に住んでいた場合は不動産の処分などに対応できる業者もいますので検討してみましょう。